最近、餃子パーティーにハマっています。

『おねえちゃんの餃子、すーごい美味しいよな』
妹の一言で、今回も餃子パーティーが決定です。
妹は旦那と二人の娘を連れてやって来ました。
うちの旦那も友人や自分の姪をを呼び寄せます。
総勢11人が我が家のリビングに集合です。

 

時間はさかのぼって、今日の早朝。
私の仕事は始まりました。
まずはキャベツを刻みます。
キャベツは丸々1個をみじん切りにします。
早起きの理由はこのキャベツのみじん切りです。

 

フードプロセッサ使えば簡単でしょ?
みじん切り器もあるでしょ?

 

しかし、私はよく研いだ包丁で、みじん切りにいそしみます。
心なしか、食感に差が出るような気がするのですね。
キャベツは芯まで使い切ります。
芯は全て取り除いたうえで、葉だけを刻みます。
芯の方は刻む前にボイルします。
そうする事で、キャベツの甘みが十全に引き出せます。

 

キャベツを刻んだら次はニラです。
にらは小口から細かく刻みます。
玉ねぎは小さいサイズの物を二分の一ほど刻みます。
玉ねぎは刻んでからレンジでチン、これも甘みを引き出す技です。

 

干ししいたけは乾燥したままのモノを、ハサミでチョキチョキ切ります。
できるだけ細かく切ります。

 

ボウルにキャベツとニラを入れ、塩を振って良くもみます。
野菜から水分がたっぷり出てきます。
そこに細かく切った干ししいたけを加えておきます。

 

別のボウルに、500グラムの豚ミンチと少量の塩を入れます。
この肉をしっかりと練ります。
肉だけを先にしっかり練っておくことで、旨味が逃げるのを防ぎます。

 

肉がべったりとしてきたら、チンして冷ました玉ねぎを加えます。
さらにキャベツ&ニラを加えます。
この時水気は捨てずに、そのまま加えます。

 

材料を一通り入れたら、
醤油・ごま油・ラード・中華だしのもと・片栗粉・味噌・おろししょうが
を投入して、しっかり混ぜ合わせます。
これで餃子のあんは出来上がりです。
しばらく冷蔵庫にて寝かせておきます。

 

みんなが来てから、餃子を皮に包んでいきます。
薄い餃子の皮は焼き餃子に、分厚い皮は水餃子にします。
餃子の巻き方はその昔、知り合いのラーメン屋さんに習ったやり方です。
見た目はもはやお店の餃子…になります。

 

我が家の餃子パーティーは、焼き&水餃子のコースです。

 

これだけの量ですから、たくさんの餃子が出来ました。
いくつ作ったのか、結局わからないままです。
適当に大量の皮を用意して、片っ端から巻き、焼き、又は茹でて試食です。

 

あんがジューシーであっさり味、我が家の餃子は大人気なんですよ。
結局一個も余りませんでした。
firaマッスルサプリ

 

ところで、餃子はたっぷりの野菜とちょっとのお肉、それに小麦の皮。
かなりのレベルで栄養バランスが良いと言えますね。
あとはデザートの果物で、ビタミンと酵素を摂ったら『完全栄養メニュー』になるかもしれません。